FAQ

FAQ

よくあるご質問

A.青島JSDは山九と即発集団の合弁会社で、2016年 4月設立の新しい会社です。作業現場は写真でご覧のように清潔で広くて明るく、空調も完備していますので、従業員にとっても働きやすい環境が整っております。場所は青島空港から約30分の距離で近くには高速道路のインターもあり非常に便利です。また日本人2名が工場に常駐し、作業品質を管理していますので、お客様とのコミュニケーションは心配ありません。

A.現在の主な商品は、シーツ・枕カバー等の寝装品を中心に、婦人服・子供服・ベビー服・鞄・工芸品を取り扱っています。また、第三者検品に加えて出張検品・工場検品・包装・梱包・プレス・ギフト加工・ラベル印刷作業等も行っています。

A.必ず作業開始前にお客様と検品検針基準の打ち合わせ(目合わせ)を行います。先にサンプル商品と仕様書をご提示頂き、お客様の確認ポイントをできるだけ細かくお知らせ下さい。商品の特性に合った検品検針基準を確認させて頂きます。

A.取得認定は「イオン指定検品所認定」・「バンダイ検品所認定(COC)」・「ディズニー検品所認定(FMA)」です。また第三者審査機関では「ボーケン品質評価機構認定」を所有しております。

A.これまで作業員が手で商品の仕分作業を行っていたのを機械で自動的に選別する事ができます。人間の手で仕分作業を行うとどうしても仕分ミスや仕分作業に時間が掛かっていましたが、自動ソーターにより仕分ミスも大幅に削減でき、作業時間も短縮で緊急出荷や大量商品にも対応できます。バーコードが添付されている商品であれば、シーツ等の大型商品(50㎝)から靴下・枕カバー等の小型商品までも仕分する事かできます。1分間に最大5000枚の仕分処理能力があり、99.9%の仕分品質を保証できます。 商品にもやさしい仕分機です。

A.検品作業場と倉庫(約6,000m2)が自動シャッターで繋がっておりますので、検品後の商品も安全に保管致します。倉庫での保管作業はパレット毎に番地管理を行い、保管後のピッキング・アソート作業にも対応します。(約2400パレット保管可能・倉庫システム完備)他社で検品行った商品の倉庫作業(バイヤーズコンソリ・方面別出荷等)にも対応し、一般貨物の保管もお引き受け致します。

A.日本向け・東南アジア向けの国際物流作業・通関作業は、山九グループの青島山九との協業で手配致します。中国の国内作業含めて物流だけのお問い合わせでも結構です。

A.青島JSDの日本の親会社である山九株式会社の営業部から改めてお客様に連絡させて頂きます。
(お問い合わせ先)
・山九株式会社 ロジステイックソリューション事業本部 開発営業部
 電話:03-3536-3932 担当 斎藤