検品検針について

検品検針作業

検品検針作業には2つの機能があり、縫製工場側の検品(自主検品)と発注者(輸入者)側の検品(第三者検品)があります。第三者検品とは常にお客様の立場・目線で、厳しい品質での商品の確認や、日本の法律(消費者保護法等)に乗っ取った検品検針基準で作業を行う事が必要とされ、不良品や危害性のある商品の市場への混入を生産地側(中国)で不良品を堰き止める事が求められる大変重要で責任ある仕事です。 JSDはこの第三者検品会社を目指して運営を行って参ります。

検品検針認定

取得認定

イオン指定検品工場・ボーケン認定工場
バンダイCOC認定・デイズ二―COC認定

〈イオン認定証〉
「指定検品検針所」取得

〈ボーケン認定証〉

〈ディズニー認定証〉
「FMA(Facility and Merchandise Authorization)」

青島JSD物流スキーム

検品検針作業フロー